老犬介護:寝つきの悪いシニア犬に宇津救命丸を試してみた

老犬介護:寝つきの悪いシニア犬に宇津救命丸を試してみた

宇津救命丸は赤ちゃんの「夜泣き」や「かんむし(理由もなく不機嫌になってぐずること)」や「食欲不振」に効くとされている薬。天然由来の生薬だけで作られており、言わば漢方薬のようなもの。

救命丸を老犬介護に用いてみようと思ったのは「異常興奮に救命丸をすすめる獣医もいる」とインスタのフォロワーさんに教えてもらったのがキッカケ。ネット調べてみたところ、老犬介護で救命丸を使用してみたという方は意外と多くいました。

漢方なら副作用もほとんどないし、異常興奮で辛そうなコタロウにちょっと試してみることにしました。

目次

救命丸の効能と配合されている8種の生薬

まずは簡単な下調べ。救命丸の効能は以下の通り。主に赤ちゃんにみられる症状です。

  • 小児五疳(五臓の肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓のバランスが乱れること)
  • かんむし(理由もなく不機嫌になってぐずること)
  • 夜泣き
  • ひきつけ
  • 下痢
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 胃腸虚弱
  • 乳吐き

上記以外にも「自律神経をゆるやかに安定させ、症状を緩和する」という効能に期待。

そして、救命丸に配合されている天然由来の生薬とその効能は次の8種です。主成分は「ジャコウ」と「ゴオウ」で精神安定作用、鎮静作用があります。

ジャコウ

  • 精神安定作用
  • 強心作用
  • 鎮静作用
  • 抗炎症作用

ゴオウ

  • 強心作用
  • 鎮痙作用
  • 解熱作用
  • 解毒作用

レイヨウカク

  • 鎮痙作用
  • 解熱作用
  • 抗炎症作用

ギュウタン

  • 鎮痙作用
  • 解熱作用
  • 健胃整腸作用

ニンジン

  • 消化促進作用
  • 強壮作用
  • 鎮静作用

オウレン

  • 健胃整腸作用

カンゾウ

  • 健胃作用
  • 鎮咳去痰作用

チョウジ

  • 芳香性健胃作用

救命丸のラインナップ

救命丸のラインナップは全4種で効能は同じ。金箔コーティングとゴールドは主成分の「ジャコウ」と「ゴオウ」を多く配合、銀箔や金箔が嫌な場合の糖衣コーティングがあります。

宇津救命丸(銀粒)

宇津救命丸(銀粒)

昔からあるスタンダードタイプの宇津救命丸。乳児や初めて服用されるお子さまにおすすめ。

宇津救命丸
¥1,760 (2024/06/25 13:29:41時点 Amazon調べ-詳細)
  • 119粒 or 247粒(直径2mm、銀箔コーティング)
  • 3カ月〜15歳未満
  • 効能:小児五疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳吐き

宇津救命丸(ゴールド)

宇津救命丸(ゴールド)

主成分の生薬である「ジャコウ」と「ゴオウ」の量を増量。

  • 103粒(直径2mm、金箔コーティング)
  • 3カ月〜15歳未満
  • 効能:小児五疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳吐き

宇津救命丸(金粒)

宇津救命丸(金粒)

主成分の生薬である「ジャコウ」と「ゴオウ」の量を増量。

  • 103粒(直径2mm、金箔コーティング)
  • 3カ月〜15歳未満
  • 効能:小児五疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳吐き

宇津救命丸(糖衣)

宇津救命丸(糖衣)

銀箔や金箔ではなく甘い糖衣でコーティングされた救命丸。

宇津救命丸
¥1,420 (2024/06/25 13:29:44時点 Amazon調べ-詳細)
  • 150粒(直径3mm、糖衣コーティング)
  • 3カ月〜8歳未満
  • 効能:小児五疳、かんむし、夜泣き、ひきつけ、下痢、消化不良、食欲不振、胃腸虚弱、乳吐き

コタロウに救命丸を与えてみた

初めて試すし、万が一でもコタロウに何かあると怖いので、とりあえずスタンダードの救命丸を購入することにしました。

救命丸は銀箔コーティングで「犬って銀箔食べてOK?」と心配になりましたが「体内に吸収されずに体外に排出される」と記載があったので多分大丈夫でしょう。

救命丸を購入してみてまず思ったことが、とても小さい。そして1粒もかなり小さい。お菓子作りで使うアラザンをイメージしてたけど、それよりもさらに小さい。

寝つきの悪い老犬に宇津救命丸を試してみた

これはフードに混ぜると、ちゃんと飲んだか分からなくなるやつ。ちゅるび〜に埋め込んで飲ませることにしました。

救命丸の用法は「1日3回食前」とのことなので、朝昼晩の食事の際に飲ませています。まだ服用を始めて数日のため効果は全く感じられませんが、長い目で続けていきます。

救命丸の効果が出るのは1ヶ月後

漢方は副作用がほとんどないというメリットの反面、即効性がないというのも漢方のデメリット。救命丸の公式サイトでも「1カ月服用して効果を確認」とあります。時間をかけてゆっくりと体に吸収されていくイメージでしょうか。

ともあれ、リスクがほとんどないっていうことは大きい。これで少しでも落ち着いてくれるといいな。

効果は感じられなかった

救命丸を1回3粒、1日3回を計2ヶ月間試してみましたが、残念ながらコタロウの興奮状態が収まることはありませんでした。

ただ、コタロウ自身がどう感じているかは分かりません。もしかしたら、少しは気分が和らいでいたのかもしれません。

どちらにしろ、目に見えて異常興奮が和らいだり、寝つきが良くなるといった改善が見られなかったので、服用を止めることにしました。

老犬介護で用いられす場合もある救命丸、コタロウには効果はありませんでしたが、副作用の心配なく気軽に試せるのが漢方のメリットですね。他にもコタロウの症状を和らげてくれそうな漢方がないか調べて試してみたいと思います。

記事の内容を動画で見る
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

柴犬コタロウの老犬介護に生活の全てを捧げたアラサーおじさん。千葉の先端にある古民家で暮らしてます。保護猫2匹も一緒に住んでます。Twitter、Instagram、YouTubeでも老犬介護の情報を発信しています。

コメントをどうぞ

ご意見、ご感想、ご質問などお気軽にコメントください。

コメントする

目次